超訳ドローン経済論

たった一度の人生だからもっと楽しみたい。(※右にスライド)

南の島に行くならGoProかSONYのアクションカメラ

 

【国内正規品】 GoPro ウェアラブルカメラ HERO5 Black CHDHX-502

【国内正規品】 GoPro ウェアラブルカメラ HERO5 Black CHDHX-502

 

 やはり多くの若者は旅行といえばGoProをイメージするだろう。

確かに防水、また見た目もオシャレ?なゴープロは大人気だ。

しかし、私のオススメは違う。

 

我らが日本のブランド、SONYのアクションカメラだ。ちなみに私はバンコクのモールで購入した。理由はゴープロより少し安いのと、防水もケースをつければ可能、何より手ブレ補正機能だ。ここは重要なのでもう一度言おう。

 

手ブレ補正機能だ。


ここから同時に映像を見比べることができる。

最初らへんは訳のわからない外人が長々と話しているので飛ばしていただきたい。(オイッ)

 

ちなみに私の体感なのだが、色の濃さはGoProの方が濃く、Sonyは少し比べたらだが薄く見える。しかし、録画後に画質を調整するので気にならないだろう。

内蔵マイクはGoProの方が高音がミュートされて低音が残っている。

対してソニーのアクションカメラはローカットされ気持ちの良い高音域がクリアになっている。

完全に好みの問題だが、話し声などをクリアに録音したい人はソニーだろう。

 ちなみに私はGoProならGoPro hero4でもいいと思ってる。少し古いが使い心地はほぼ変わらない。防水機能はついてないが、実際に買っても水の中や海に潜る人はほぼいない。たまになら、別に防水ケースをつければいいと思う。

最後になるが、やはりクオリティの高い動画が撮りたいならジンバルが必須アイテムとなるだろう。前回にも紹介したCrane Mだが、一眼レフだけでなくアクションカメラやスマホにも対応可能だ。ぜひ参考にしていただきたい。