超訳ドローン経済論

たった一度の人生だからもっと楽しみたい。(※右にスライド)

ドローンビジネスは実は儲かる?

f:id:southisland:20170903134252j:image

 

 GPS搭載の自動運転、オートパイロットの機能もつき様々な分野で活躍するドローン。

目視できる範囲内だけでなく、飛行距離もかなり遠くまで飛ばせるようになった。

 

いまドローンを始める人はかなりのビジネスチャンスだろう。カメラはその辺のものと同じレベル4k撮影も可能になり、下手なカメラより高性能。

価格も10万前後で手に入るから驚きだ。

 

店舗型の美容室やレストランを始めると、家賃や人件費などコストもかかるが、ドローンに数十万円は起業家からすると割安だ。また、ドローンは維持費も殆どかからない上、場所も選ばない。(規制はあるが)

 

ドローンひとつで旅行しながら、海外にいながらもビジネスをする事も可能な時代になった。もちろん、英語力は前提だが。

 

あなたもまず一台、ドローンを手に入れてみてはどうだろうか?

 

 

GoPro Karma(ゴープロ)のドローンってどうなん?

ゴープロといえばアクションカメラだが

カルマという怪しいドローンもしっかり扱ってる。

 

比べるにはやはり

ケイシーおじさんの意見を聞くべきだろう。

ほとんどのドローンを扱ったおじさんだ

正直に評価してくれるに違いない。

 

早速ユーチューブで検索。

f:id:southisland:20170831192942p:plain億万長者のユーチューバー。

さすが、ためらわずに買い寄った。。。

 


GOPRO DRONE!!! Karma flying in NYC

ニューヨークで飛ばしてみた。

うん、なかなかいい感じ?

 

このジンバル(スタビライザー)は

ドローンから外して手で持ってもいいようだ。

これは確かに便利かもしれない。

 

【国内正規品】GoPro Karma Drone HERO5 Black カメラ付き QKWXX-511-JK

【国内正規品】GoPro Karma Drone HERO5 Black カメラ付き QKWXX-511-JK

 

 

 

すごい嬉しそうwww

やっぱドローンは夢があるよな。

小さいジンバルはこれだけでも

打って欲しいくらい魅力的だっっwwwwww

f:id:southisland:20170831193314p:plain

 

ちなみに個人的にはDJIのスパークやマービックプロだ。

なぜならGoProカルマはコントローラーがスマホ装着できない。

でかい。。

 

そして硬い頑丈なカバンが付いてくるが

そんなもん私はいらない。

ゴープロのロゴの広告塔になるくらいなら

私はリュックにそのままドローンを入れたい。

 

 

 

 

 

じゃあな、幸運を祈る。

 

 

 

 

 

DJIマービックプロとファントム4どっちがいいの?

 

f:id:southisland:20170831191420j:plain

 

世界的ユーチューバーのケイシー・ナイスタットをご存知だろうか?

ヒカキンやヒカルさんより世界的にはるかに有名なユーチューバーで

CNNが彼の会社を買収したことでも知られている。

 

大のドローン好きとして有名だが

今回DJIのコンベンションに直接出向き

ファントム4とマービックの違いについて熱く語ってる動画がこれだ。


GREATEST DRONE EVER!! DJi Mavic Pro

 

結果から言うとマービックプロに軍杯が上がったようだ。

プロペラが折りたためてコンパクトになるからだ。

旅行にピッタリ。

 

 

 ファントム4は見た目がクールだが

折りたためずしかも

リモートコントローラーがかなり大きく荷物がかさばる。

 

しかしDJI社のマービックプロは、小さくたためる上

スマホの画面を利用し画面も非常に見やすい

 

この動画のはしゃぎぶりを見ると

納得だ。

億万長者が子供のようにはしゃいでるではないか。

 

 

 

確かに、レベルが違う。

もう一台、欲しくなった。

 

それでは、幸運を祈る。

 

 

 

 

 

マレーシアのドローン規制

 

f:id:southisland:20170831182219j:plain

マレーシア大富豪の教え

マレーシア大富豪の教え

 

 

マレーシアはドローン規制が緩いと言われているが、

実際のところはどうなのだろう?

 今のところ規制は少なそうだ。

しかもどちらかというと

これからの働き方改革に役立てようと

ドローンを積極的に取り入れていくようだ。

 

ドローンで食って行きたい人は

今後マレーシアに移住してみてはどうだろう?

 日本でドローンを飛ばすのもいいが

環境や戦う場を変えるのも

これからは一つの選択肢だろう。

 

 幸運を祈る。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ドローンを宇宙で飛ばす

f:id:southisland:20170831182432j:plain

 確かにドローンは様々な場所で活躍している。

しかし一体

ドローンの本当の魅力とはなんだろう?

 

あなたはなぜドローンを買ったのだろうか?

なぜドローンはこんなにも人を魅了するのか?

 

その答えは

 

それは空撮だ。

 

空から写真や動画を撮れることだ。

 

多くのドローン操縦士は

「測量」「農業」「セキュリティ」

を上げるがそれはナンセンスな相談だ。

なんもわかっちゃない。

 

ドローンのDは、ドリームのDであることを忘れてはならない。

 

あなたは恐らく子供の頃に

スーパーマンドラゴンボールといった

映画や漫画を見てきただろう。


 

なぜこれらのヒーローものはヒットするのか?

それは、空を飛ぶからである。

 

空を飛ぶことは

男のロマンであり、強い欲求であり

もっというと本能の一つなのかもしれない。

 

ああ、今日もドローンを飛ばしたい。

宇宙の彼方まで飛ばしたい。

 

それでは、また次回会おう。

 

 

 

旅先で愛用してるものは何ですか?

お題「愛用しているもの」

ファントム4とマービックプロの画質見比べ。

f:id:southisland:20170827193137p:plain

やはりドローンは旅に欠かせない必需品になってきたが、一番困るんはやはり海外でドローンが盗まれたり壊れたり、海ポチャだ。これは多くの人が経験する苦い思い出だろう。

 

我々プロにとって、もはやドローンをひとつしか持っていかないなんて、死活問題である。

サブのドローンと、予備のバッテリーを2、3個持ち歩かねばなるまい。(バッテリーは大抵30分も保たない)

 

しかし問題はバッテリーだけではない。いや、プロならむしろ画質や風にドローンを使い分けるのはもはや常識中の常識になってきた。

 

あるいは角度によって、2カメ、3カメ、取ろうと思うとドローンを同時に飛ばす必要が出てくるのだ。レースやスポーツなど競技の映像を見たことがある人なら分かるだろう。

 マービックプロがメインなのか、ファントム4がサブなのかもはや愚問だ。

両方とも、それぞれの良さがあるのだ。


 違いは言葉で語るより、映像で見る方がいいだろう。

 百聞は一見にしかずだ。

 

それでは、また。

 

 

本当の意味で盗難アジア

お題「カメラ」

 

f:id:southisland:20170827171559j:plain

私がベトナムサイゴンに滞在足ている時、忘れもしない。

カフェでコーヒーを飲んでいたら盗難にあったことがある。

 

東南アジアで、盗難だ。

笑えない。

 

カフェには子供しかいなかった。

私はかなり旅慣れしていたので、漏れそうで緊急だったこともあり一応店内には天使のような子供と親しかいないのを確認しトイレへ。

 

時間にして1分から2分。

 

見事にカバンの中のiPhoneMacBookを盗まれた。

カバンごと盗まないのが賢い。

私は、カバンが置いてあることに安心しきっていた。

 

しかし、何か違和感があった。

「あれ、微妙に位置が違う。チャック、少し空いてない?」

 

カバンを開けると、綺麗さっぱりマックブックと携帯だけ抜き取られていた。

なぜか、財布は残っていた。

急いでいたのだろうか。

 

GoPro Hero4は残っていた。

おそらくカメラだと認識できなかったのだろうw

Hero5を買うつもりだったから、いっその事これを盗んでくれればよかったのに。

【国内正規品】 GoPro ウェアラブルカメラ HERO5 Black CHDHX-502

【国内正規品】 GoPro ウェアラブルカメラ HERO5 Black CHDHX-502

 

 これが私の東南アジアの思い出である。

まさに、盗難アジアだった。

ホテルのPCを使わないとネットに繋げない。

しかし、スマホなんてなくても人は生きていけるんだなと思った。

 

ちなみにベトナムでは盗んだスマホはよく路上に売り出される。

路面で売ってる電化製品はほぼ盗難品だ。

しかし、私のiPhoneSIMフリーのものではない。ふふふ

 

売れないぜ。

 


Ho Chi Minh city (Saigon) Vietnam 4K aerial drone video with Phantom 3 Pro

私は今、リベンジを狙っている。

再びベトナムに戻り、次はドローンを飛ばすつもりだ。

東南アジアを次回は空からお届けしたいと思う。